ビジネスメール講座~セキュリティ編

セキュリティ被害のほとんどは、
人のミスで起こる。
自分が“セキュリティ被害の原因”に
ならないためのノウハウを伝授

ビジネスシーンにおいてセキュリティ被害が発生した際、その原因のほとんどはヒューマンエラー(人為的ミス)によるものと言われています。
つまり、あなた自身がその原因となる可能性があるのです。
本講座では、セキュリティ被害そのものの防止はもちろん、自分がその原因とならないためのノウハウについて学習します。

<セキュリティ被害の例>

顧客情報の流出

マルウェアに感染したパソコンから社内ネットワークに侵入され、顧客情報など重要なデータが持ち出される恐れがあります。

フィッシング詐欺

有名な企業や正規のサービスのふりをしたメールで偽のWebサイトに誘導し、個人情報などを入力させる詐欺の手口です。

パソコンが人質に…

「ランサムウェア」というマルウェアに感染すると、パソコン内のファイルやパソコンそのものが暗号化されて使用できない状態になり、暗号化の解除を条件に金銭を要求されます。

講座環境使用ソフト講座数
WindowsWebメール4講座
  • ビジネスメールにおけるセキュリティとは何か
  • どのような対策が必要か
  • マルウェアや詐欺メールへの対策
  • 誤送信の防ぎ方
  • ファイルの暗号化
  • パスワードをより強固にする方法